動物検査 News&Topics

 

動物検査

  • ラット・マウスの検査お問い合わせ
  • ペット動物の検査お問い合わせ
  • m-Line

 


検査特集 〜 総サイロキシン(T4) 〜

 ASC皮膚科 永田雅彦先生より、総サイロキシン(T4) の皮膚病罹患犬における診断的意義についてご解説いただきました。※詳細は日本獣医皮膚科学会発行「獣医臨床皮膚科 15(3):141-143,2009」掲載
 また、弊社では永田先生監修の下、様々な疾患の犬についてIMMULYZE(全自動免疫化学発光測定システム)を用いT4を測定。甲状腺機能低下症と他の疾患群の測定値比較についてインフォメーションを作成いたしました。詳細につきましては、弊社営業担当までお問い合わせ下さい。

皮膚病罹患犬における総T4値の診断的意義 Diagnostic Value for Total T4Levels in Dogs with Skin Disorders 永田雅彦* 寺田有里 村山信雄 *ASC皮膚科

 皮膚病罹患犬における総T4値の診断意義を再考した。甲状腺機能低下症の検討を要した犬161例と健常犬7例の総T4(CLEIA法,LSIメディエンス動物検査センター)を測定した。甲状腺機能低下症罹患犬の総T4値は0.2±0.6μg/dlと明らかに低かった(健常犬参考値0.5〜2.8μg/dl)。さらに甲状腺機能低下症罹患犬のT4値は,本症に罹患していない各種皮膚疾患の平均総T4値の下限1.3μg/dlを超えなかった。以上より、甲状腺機能低下症罹患犬はいずれも総T4の低値を示すこと、また甲状腺機能低下症の評価に甲状腺機能低下症非罹患犬の平均値を基準としたスクリーニング検査が有用であることが推察された。





臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用