研究開発

学会発表

当社の学会発表の実績をご紹介しています。

学会発表 2012年6月

第32回 日本歯科薬物療法学会総会学術大会 6月30日〜7月1日

1 ■菌性感染症閉鎖膿瘍から分離したPrevotella属におけるceftriaxone耐性株の解析
共同研究施設:東海大学医学部外科学系口腔外科,池上総合病院口腔外科,足利赤十字病院口腔外科,小美玉市医療センター口腔外科,富士重工業健康保険組合総合太田病院歯科口腔外科,東邦大学医学部看護学科感染制御学

一覧に戻る



第39回臨床細胞分子遺伝研究会 6月30日

1 ■FISH法による「肺がんALK」検査の紹介
共同研究施設:神戸先端医療センタ−
2 ■悪性脳腫瘍におけるFISH法解析の報告

一覧に戻る



第18回 日本ヘリコバクター学会学術大会 6月29日〜30日

1 ■二次除菌療法不成功例より分離されたHelicobacter pyloriのmetronidazole耐性化に関する検討 ―第2報―
共同研究施設:大分大学医学部消化器内科,東邦大学医学部看護学科感染制御学

一覧に戻る



ENDO2012 6月23日〜26日

1 ■Chemotype (urinary steroid concentration) - phenotypes - genotypes correlations in 53 Japanese patients with 21-hydroxylase deficiency
共同研究施設:Keio Univ. Hospital Ctr. Clin. Lab.,Dept. of Pediatr., Keio Univ. Sch. of Med.,Dept. of Lab. Med., Keio Univ. Sch. of Med.

一覧に戻る



実験病理組織技術研究会 第19回 総会・学術集会 6月22日

1 ラットの膵臓におけるグリメリウス染色方法の検討

一覧に戻る



The 19th International Symposium on Microsomes and Drug Oxidations
and 12th European ISSX Meeting
 6月17日〜21日

1 4-Hydroxy trans-Retinoic Acid: one of major and unique metabolites from t-RA in the liver of fetal CYP3A transchromosomic mice
共同研究施設:鳥取大学染色体工学研究センタ−,鳥取大学大学院医学系研究科

一覧に戻る



American Society for Microbiology, 112th General Meeting 6月16日〜19日

1 Antimicrobial susceptibility profile of Pseudomonas aeruginosa isolates from blood stream infections compared to nidus of infection
共同研究施設:Faculty of Medicine, Toho University
2 Phylogenetic analysis and taxonomy of the genus Conidiobolus in Japan based on 18S rDNA, 28S rDNA and rpb2m
共同研究施設:Medical Mycology Research Center, Chiba Universiti,Faculty of Medicine, Kinki University, Osaka,Faculty of Medicine, Toho University

一覧に戻る



18th Congress of the International Society for Human and Animal
Mycology (ISHAM)
 6月11日〜19日

1 接合菌の分子生物学的分類法の進歩と接合菌症診断への応用
共同研究施設:北里大学医療衛生学部,藤田保健衛生大学医学部

一覧に戻る



第36回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 6月8日

1 過剰リング7番染色体モザイク例における出生前診断と遺伝カウンセリング

一覧に戻る



第34回 日本血栓止血学会学術集会 6月7日〜9日

1 可溶型CLEC-2の解析
共同研究施設:山梨大学大学院医学工学総合研究部

一覧に戻る





臨床検査 | 診断薬・機器 | 非臨床・治験 | 研究開発 | 食の安全 | ドーピング | 特定健診支援 | 電子カルテ | 動物検査 | 医療情報誌 | 会社概要 | 品質・環境 | 採用